サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/rocca

『茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術』展



東京国立近代美術館
『茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術』。
 
初代の長次郎さんからはじまる歴史を辿る旅。
 
400年も昔のものを”近代”美術館で開催するなんて、
なんか変わってるなあ。
 
そう思いつつ展示を見たら、樂茶碗のロシア巡回展プラス
15代吉左衛門さんの作品展という構成で、
 
過去から現在、そして未来へというベクトルに、
明確なメッセージが込められていました。
 
とてもいい展覧会。
 
樂。樂焼は本当は利休と長次郎で
ほぼ完結しているのだと思います。
 
展覧会を最後まで見た後に、もう一度
長次郎の『大黒』や『無一物』を見返せば、
 


誰でもそう感じると思います。
 
 
だけど、自分はどこまで長次郎に近づけるのか。
 
また、長次郎からどのくらい離れたら
樂焼ではなくなるのか。樂焼とは何なのか。
 
樂のご一族は、「模倣と独創性」という命題と
400年も闘ってきた人たちなのだと思います。
 
 
そんな中、ご当代(十五代吉左衛門)は
とても好きなアーティストのひとり。
 
彼の前衛的な樂は、その作品が
樂と呼べるかどうかを越えて、
 
「用の碗(用の美)」としても、つまり茶の湯の
お茶碗として使えるのかどうか、
 
そんなところまで突き抜けています。
 
これこそが自分だという答えを
世に突きつけている人の凄み。
 
彼の穏やかさは確立した自分への信頼だと思う。
とてもかっこいい。
 
 

『茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術』は
近代美術館常設展と連動企画を行っています。
 


「樂×対峙」をテーマとした一角。お茶碗と
インスタレーションや油彩が並んでいて愉快です。
 
吉左衛門さんの茶碗にしか見えない絵(ピエール・
スーラージュ。黒の画家ともいわれるらしい)もありました。
 


吉左衛門さんの言葉「作品をそのまま受け入れたら、
それは負けてるんです。アートに疑問を持たないといけません」は、
 
あるいはこちらの展示のほうが
実感できるかもしれません。
 
必見。
 
 



茶碗の中の宇宙 樂焼 近代美術館 竹橋
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11575871c.html
美術館・博物館 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
『高円宮家所蔵 根付コレクション』
はらぺこあおむし『エリック・カール展』
『草間彌生 わが永遠の魂』展
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
Master Roccaイメージ
Master Rocca
プロフィール公開中 プロフィール
自由が丘・九品仏駅から7分の床屋さん、理容六花です。
髪の毛を切る、ただそれだけで気持ちが軽くなるのはなぜでしょうか。
床屋さん、自由が丘、美術館に読書。興味の向くままに、まとまりなく綴っています。
〜・〜・〜・〜
スマートフォンの方もパソコン版が読みやすいと思います。PC版は自由が丘ブログTOPページからお入りいただけます。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 28 751848
コメント 0 429
お気に入り 0 7

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

外苑東クリニック
東京 人間ドック