テルミのブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/terumii

ゴーギャンに挨拶をする人物

  画面中央に配されるゴーギャンの姿。本作はアルル滞在期中、1888年12月にフィンセント・ファン・ゴッホと共にモンペリエのファーブル美術館で閲覧した写実主義の巨匠ギュスターヴ・クールベの代表作『出会い、こんにちはクールベさん』に感銘を受け制作された作品である。

  ゴーギャンに挨拶をする人物。原作との図像的類似点は殆ど見出せない本作では、画面中央にゴーギャン自身が、画面右側に民族的な衣服を身に着けた人物画ひとり配されている。両者の間には木製の柵が描き込まれているほか、大雲が立ち込める暗い空と色鮮やかで豊潤な大地の色彩は、観る者を本作の独特の世界観へと強く惹きつける。

  豊潤な色彩と単純化された形体。原図である『出会い、こんにちはクールベさん』ではクールベ自身が当時の美術界における先駆者(写実主義者)として意味付け描かれており、本作でゴーギャンは己の姿を美術界の先駆者(又は芸術への殉教者)として描き込んでいる。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000108651/p11715127c.html
ファッション日常 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
みなさんはワインとどんなつきあい方をしていますか?
魚の皮を使った驚きの革製品にビジネスチャンス
一部の研究者から愛娘アリーヌの肖像とする説も唱えられている
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
テルミちゃん
プロフィール
おもしろいことをシェアします
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

外苑東クリニック
東京 人間ドック