テルミのブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/terumii

魚の皮を使った驚きの革製品にビジネスチャンス

 ケニア西部にある一風変わった皮なめし工場の床を埋め尽くすのは魚。その生臭い魚の山を前にナイフを研ぐ女性たち。

 39歳の工業化学者、ニュートン・オウィーノ(Newton Owino)によって設立された「Alisom Products」。ここは魚の皮とその他の部位を切り離し、その皮をハンドバッグや財布、靴、帽子やジャケットを作るための革へと変身させるためになめし加工をする会社だ。

 ビクトリア湖(Lake Victoria)に面するキスム(Kisumu)は漁業の街。街でよく食べられているのは焼いたティラピアやナイルパーチなどで、切り身に加工した魚を周辺地域や世界中に輸出している。

 しかし、この作業で出る廃棄部位にもオウィーノはビジネスチャンスを見出した。

 魚加工では年間約15万トンもの廃棄部位が生産され、その内80%がそのまま廃棄される。この現状にオウィーノと12人の従業員が代替案を提示した。

「私のここでの主要ビジネスは、魚の皮を革へと変身させること」と作業内を歩き回るオウィーノは話す。「ここら辺には素材がたっぷりとありますから」


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000108651/p11769754c.html
ファッション日常 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
一部の研究者から愛娘アリーヌの肖像とする説も唱えられている
ゴーギャンに挨拶をする人物
ゴーギャンの家の広間
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
テルミちゃん
プロフィール
おもしろいことをシェアします
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

外苑東クリニック
東京 人間ドック