言葉に気を許

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/hrtgergfew

あなどれない箱

箱は、概ね開けなければ中身が見えません。
 うれしいプレゼントが入っていることもあるけど、
 開けて悔しい玉手箱、ということもあるわけです。

 「箱」といったら思い浮かべた箱が三つありました。
 まず、パンドラの箱。
 ギリシャ神話に出てくる有名な、あの箱です。

 プロメテウスが天上の火を盗んで人間に与えたことに怒ったゼウスは、
 火の恩恵を思い知らせるために、美しく魅力的な人間の女を作らせました。
 パンドラです。
 火の恩恵と相殺されるのが女って。オイオイ。
 古代ギリシャ人は、女を相当厄介な存在だと思っていたようです。
 それってどーなんでしょう。
 女の身としては、納得しがたいものがあります。

 手みやげに、決して開けてはいけないと箱を渡して、
 プロメテウスの弟エピメテウスに送ります。
 開けるなと言われれば開けたくなるのが人情です。
 浦島太郎は、絶望に打ち拉がれるまで玉手箱を開けませんでしたが、
 パンドラは「あらあ、だって気になるわよね」と開けてしまいます。
 うん、厄介かもしれません。

 箱からは、ありとあらゆる厄災が出てきちゃいます。
 あわてて閉めたので、箱の隅に「希望」だけが残りました。
 そういうお話です。

 この世の厄災は、女のせい?
 んなわけ無いだろ! と言いたい。


 「星の王子様」に出てくる箱も気になります。
 飛行機乗りの「ぼく」が砂漠に不時着したときでしたっけ、
 星の王子様に、羊の絵を描いてと言われ、描いてはみたものの、
 「そんな羊じゃない」と難癖をつけられたあげく、
 面倒になって描いた箱です。
 その箱には、小さくて長生きする羊が入っているらしい。

 箱は、時に、オールマイティの力があるらしい。
 いいんかい。


 よく分からないのが、猫が入っている箱です。
 シュレディンガーが入れたらしい。
 量子力学の思考実験らしい。
 猫の他にも、ラジウムとガイガーカウンターも入っているらしい。
 おまけに青酸ガス発生装置まで入っているとか。
 物騒な箱なのです。

 粒子の確率分布と観測結果の矛盾が問題らしい。
 重ね合った状態と確率解釈の問題だったりするらしい。

 箱を開けてみるまで、猫の運命は分からない。南無。

 


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000139890/p11658924c.html
生活 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
潤唇膏硬了怎麼辦 正確方法讓你擁有飽滿紅唇
常熬夜有五大危害
這些習慣讓你60歲後疾病纏身
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
言葉に気を許
プロフィール

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 646
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[吉祥寺] 残念ながら
[自由が丘] 退屈しています
[自由が丘] 秋の雨が蘇として実行

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック