やっぱりアルパカがすき★

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/o8vgemm

ぜひ食べていただきたい美容や健康にもよい豆腐

「料理ができない」という独身男性でも、お酒を飲むとき冷奴なら作れる豆腐は、便利でありがたい存在です。

絹・木綿はお好みですが、美味しい豆腐を味わう私の1番のお勧めは、季節を問わず冷奴です。 刻みネギとおろし生姜の薬味に醤油をかけることが多いですが、みょうが、しそ、削り節をのせることもあり、美味しくいただければ何でもOKです。

しかし、高級な豆腐に万能調味料の醤油をかけると、本来の豆腐の味と香りが醤油の風味に消されてしまい、せっかくの高級な豆腐が台無しになってしまいます。
高級な豆腐は、醤油以外の塩味で食べるのがお勧めです。 中でも私が特にお勧めする塩昆布をのせて食べると、「これぞ豆腐」と言える大豆風味いっぱいの味が楽しめます。 さらに、塩辛や佃煮も美味しいです。 ぜひ試してみてください。

昔の江戸っ子は、「薬味をのせ、醤油をかけ、箸でグツグツにした豆腐をすすって食べた」とある本に書かれていましたが、気風がいいせっかちな江戸っ子らしい食べ方です。

自分好みの味で食べられ、食べ方を問わないのが豆腐の良さかもしれませんが、ただの豆腐、されど豆腐です。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000208841/p11725282c.html
日々の暮らし | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

昔は犬か猫を飼いたいと思ってました

初めて動物に触れたのは何時だったか、はっきりとは覚えていません。
気が付いた時にはもう、家に文鳥がいるのが当たり前になってたんですよ。

友達の家では犬を飼っているとか、猫を飼っているとか、ハムスターを飼っているとか、
そう言った話はよく聞いたけど、文鳥を飼っていると言う家はあまり無かったように思います。

いまでこそネットで検索すればいくらでも文鳥飼いの人を見つけることはできますが、
当時はそんな便利なツールは無くて、近所の流行が世間の流行って感じでしたね。

だから文鳥って言うのはとてもマイナーな物だと思ってたんですよ。
同時に、自分も友達が飼ってるようなペットを飼いたいって思うようになったんです。

でもその頃に住んでいた家は借家で、小動物以外の動物の飼育は禁止されてたんですね。

犬を飼って一緒に散歩に行きたい、猫を飼って一緒に日向ぼっこしたいと思いながら、
文鳥にリードを付けられないかと日々格闘していました。

月日は流れて現在、私もすっかり大人になりましたがいまだに犬猫をペットにすると言う目標は達成されていません。

犬猫は確かに可愛く思いますが、それ以上に鳥類愛に目覚めましてね。
今では文鳥とインコに囲まれて楽しくやってます。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000208841/p11595019c.html
日々の暮らし | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

思いやりのない人は自分大好き人間かも!?

やっぱりはしばしで相手への思いやりを感じない男性は、結婚はできないというものですよ。もっと言えば、自分大好き人間は、結婚をやめておいた方がいいかも知れませんね。

ましてや、「自分のことばっかりしか考えてないじゃん!」と、いう言葉に対して、「それのなにが悪いの!だって僕、自分大好きだし!」などと、はずかしげもなく言ってしまうような男性は、お付き合い自体をその時点で解消する方がいいレベルでしょう。

まあ都会における架空の鳥などではなく、実際にいた男性のことなのですが。そして私が思ったことと言えば、「ああ、この人は一生独身なんだろうな…」ということです。やっぱりいい年齢になってまでこの考えですからね。早く見切ってよかったですよ。

そして、その直感は大当たりで、現在アラフォーの彼は未だに独身だということですから。やはりモテない男性というものは、「自分大好き人間」なのでしょうか。いや、たまたま彼が超絶ナルシスト入っている「自分大好き人間」だったというだけでしょうか。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000208841/p11482994c.html
日々の暮らし | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

国民健康保険証の裏側

国民健康保険証の新しいものが送られてきました。

お財布サイズなので、すぐに仕舞うのが常。

そのまま次の新しいものが送られてくるまで一度も使わないこともあります。

身分証明書としては運転免許のほうが写真付きで適しているような気がするし、自慢するほどに病院にお世話になることもありませんから。

でも、なぜか今年は裏側までしっかりと目を通しました。

裏側には、臓器提供についてのことが表記されていました。

せっかくなので記入しておこうと子供に「誰かに臓器をあげる?」と聞いたら、「いまのところはやだな」とのこと。

なるほど。

「ママは?」と聞かれて自分のことはどうしようと悩みました。

なんだかどっちでもいいような気がします。

返事をする前に「ママの臓器はそろそろ古いから、役に立たないかもしれないね」というじゃありませんか。

そうか、古いとだめなのか。

詳しくは知りませんが、私も若い臓器の方がもらって嬉しい気持ちは理解できます。

保険証の裏側を見ることで、色々と考えてしまいました。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000208841/p11475067c.html
日々の暮らし | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ
かわいい!癒し?やっぱり大好きなアルパカの魅力を教えます★
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 1 98
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック