サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/rocca

国立新美術館『生誕110年 東山魁夷展』


国立新美術館『生誕110年 東山魁夷展』。
 
展覧会のお話を伺っていたら行きたくなって、
最終日に滑り込みました。
 


魁夷の絵はとても静か。
内的なものも感じます。
 
静かさは吸音素材のような静けさで、
周囲の音も吸い込んで空間の静寂を作り出している。
 
そんな種類の静けさ。
 
 
彼の構図への強いこだわりは
新鮮な驚きでした。
 
描き方に関してもモザイク状に重ねてみたり、
その時々で挑戦が見えてうれしかった。
 
 
唐招提寺襖絵の数々は圧巻。
凄いもの見ちゃったという感触が身体に残っています。


六本木 国立新美術館 生誕110年 東山魁夷展
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11795609c.html
美術館・博物館 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

東博『マルセル・デュシャンと日本美術』展

東博『マルセル・デュシャンと日本美術』展。
 
有名な「便器」作品を見ることができて面白かった。
 

デュシャンの作品を見ていると
アートってつくづくテツガクだなと思います。
 
アートがテツガクだと感じるのは
命題(タイトル)と答え(作品)が対をなしているから。
 
対でなければ方向か。
 
「無題(non title)」もあるけれど、
 
作品名を冠さないことそれ自体が
メッセージになっているのだと思います。
 

この展覧会の「デュシャンと日本芸術」
という切り口に関しては、
 

(この人はこういうアーティストと決めつけられるのを嫌いそうで)
デュシャン自体つかみどころがないこともあり、
 
利休さんの花生と長次郎の黒樂が
展覧会の〆(しめ)の作品で良かったのかどうか。
 
けっこう唐突な感じで
意図がつかめなかったです。
 


後半の日本芸術との紐づけ・掘り下げ方に、
わりと雑な印象がありました。
 
この展覧会は上野よりも六本木、
森美術館にとても似合うと思う。
 
この展覧会を東博でやった意味って何だろうか。
(あるいはそう思わせるだけで成功なのかな)


東博 マルセル・デュシャン 日本美術
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11791246c.html
美術館・博物館 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

サントリー美術館 『京都・醍醐寺−真言密教の宇宙−』


サントリー美術館
『京都・醍醐寺−真言密教の宇宙−』。

醍醐寺といえば桜、
秀吉に茶会。

けれど醍醐の桜が有名なのは単に
境内に桜が植わっていたからではなく、

密教の信仰とも結びついていたことには驚きました。
(山水屏風・せんずいびょうぶ)

教えの深い部分を口述するのが
困難とされる密教の、

その心象風景に桜が在るのは不思議なような、
言わなくとも伝わるような。

端緒はどんな風だったのだろうか。


国宝の薬師如来は慈愛に満ちたまなざし。
ありがたみが普通じゃなかった。

あんなに大きな仏像を
よく東京まで運んできてくれたものです。

薬師如来脇侍は薬師如来さんに比べて
ずいぶん小っちゃかったけど、

やはり日光月光のおふたりなのかな。
(特に説明はありませんでした)


そして三宝院の障壁画、
これはうれしかった。

間近でゆっくり見ることができて幸せ。
もう一度見に行こうかと考え中です。


密教寺院の展覧会というと、たいていは
独鈷と曼荼羅の印象ばかりが残ります。

ところがこの
『京都・醍醐寺−真言密教の宇宙−』は、

ざっくり密教というよりも、
もう少し醍醐寺そのもの。

その輪郭を見せることに
成功していると思います。



サントリー美術館 『京都・醍醐寺−真言密教の宇宙−』 


サントリー美術館  京都 醍醐寺 真言密教の宇宙
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11778396c.html
美術館・博物館 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

 

スター・ウォーズのスピンオフ
『ハン・ソロ』を観てきました。
 
賛否両論あるものの、
娯楽映画としてはわりと面白いと思います。
 
ただ、ディズニーが関わり始めた
エピソード7から
 
少年兵問題、マイノリティーや奴隷の開放など
テーマ性が強すぎ、
 
そのあたりがファン離れの一因なのでは
と感じました。
 
もっとシンプルな宇宙チャンバラ、
そして家族の物語。
 
きっとそれこそが
スター・ウォーズなのだと思う


ハン・ソロ 映画 スターウォーズ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11766934c.html
映画 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

猿島と強風とカレーと三笠


横須賀の猿島へトレッキング。
 
突き抜けるような青天でしたので、
浦賀水道が近く見えるだろうと楽しみにしておりました。
 
ところが
天気晴朗ナレドモ浪高シ。
 


眼前に在るのになんと欠航。
上陸は叶いませんでした。
 
 
代わりにと言っては何ですが、たまたまやっていた
カレーフェスティバル(5/20)と戦艦三笠を堪能。
 


よこすかカレーフェスティバルは、ブースが
三笠公園の奥の奥まで所狭しと並んでいて、
 
どれを食べたらいいのやら迷ってしまう感じ。
 
カレー2杯は食べられないと思うと
お店選びも真剣です。
 


同時に行われているダンスパフォーマンスが
かなり盛り上がっていてちょっと驚きました。
 
案外カレーではなく
こちら目当ての方も多いのではないでしょうか。
 
 

そして戦艦三笠。

 
司馬遼太郎『坂の上の雲』を読んだ、
あるいはドラマを見たという方は、
 
東郷さんと同じ場所(艦橋)に立つと
きっと感慨ひとしおです。
 

「三笠って意外と小さいんだよ(大したことないよ)」
という感想をよく耳にします。
 
しかしながらあの小ささでよくぞロシアと
渡り合ったものだと、かえって感心しました。
 
アフリカをぐるり回ってお疲れだったとはいえ、
そこはバルチック艦隊。
 
その強敵を向こうにして、海戦史上類を見ない
パーフェクトウィンを収めました。
 
若さとは勢い、無邪気、ときに間違い。

その間違いさえも原動力に変えて時代を回したからこそ
明治という革命がなったのだと思います。
 
坂の上にたなびく雲をただひたすらに追いかけていた
明治の若さを想いました。
 
 


三笠の見学はボランティアガイドがおすすめです。
 
「三笠」は当初品川に係留される予定だったのが、
関東大震災のあおりでこの地に安住を得ることになったというような、
 


つい見落としてしまうようなトピックスに触れることができ、
とても楽しかったです。
 


自由が丘から横須賀中央まで
電車で1時間ほど。
 
猿島上陸はまた次回の楽しみに。


猿島 カレー 三笠
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11738024c.html
そのほか | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
Master Roccaイメージ
Master Rocca
プロフィール公開中 プロフィール
自由が丘・九品仏駅から7分の床屋さん、理容六花です。
髪の毛を切る、ただそれだけで気持ちが軽くなるのはなぜでしょうか。
床屋さん、自由が丘、美術館に読書。興味の向くままに、まとまりなく綴っています。
〜・〜・〜・〜
スマートフォンの方もパソコン版が読みやすいと思います。PC版は自由が丘ブログTOPページからお入りいただけます。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 35 782617
コメント 0 429
お気に入り 0 7

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト


外苑東クリニック
東京 人間ドック