サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/rocca

はらぺこあおむし『エリック・カール展』


『エリック・カール』展。
 
絵本『はらぺこあおむし』で有名な
この作家の原画展を世田谷美術館で開催中です。

 

エリック・カールがその創作において、日本の芸術、
木版画に影響を受けたといってくれるのはとても嬉しい。
 
彼の絵本は独特の雰囲気があるなあと思っていたら、
コラージュだったので、とても納得。
 
貼り絵のようで、紙芝居のようでもあり、
透明感があって、温かみまで感じさせる。
 

作品から伝わってくる、あの不思議な感じは、
 
(トレーシングペーパーのような)薄紙に 
透明色のアクリル絵の具で着色して、
 
それを切り貼りするという
作風から来ているようです。
 
それに彼、エリック・カールのお人柄も
見事に表現されていると思います。
 
展示の後半では、
影響を受けた画家として、 
 
パウル・クレーが数点の
オマージュと共に紹介されていました。
 
あそこでクレーに出会うとは思いませんでした。
ちょっと得した気分。
 
気になる展覧会には、まめに
足を運ぶべしと再確認した次第。
 
下絵素材はなかなか見れないので
(ああやって作るのか、と)とても興味深く拝見しました。
 
 
 
  
 

〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜
 
おまけの話。
 

立体感のない、音のしない、彼の絵を見ていたら、
日本画の加山又造の絵を思い出しました。
 


似てる....とかではないのですが、何となく。



はらぺこあおむし エリック・カール展 世田谷美術館
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11604038c.html
美術館・博物館 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

モバイルフレンドリーな床屋さん


「このページはモバイルフレンドリーではありません」。
 
いつの頃からか、Googleで理容六花を調べると、
そんな風に表示されるようになりました。
 
 
余計なお世話と思いつつ調べてみると、
 
モバイルからのリーチはおよそ7割と、
すでにPC経由を大きく上回っているようで、
 
今すぐスマホ対策を取らないと
今後は検索結果にも響いてくるようです。
 
そこでようやく重い腰を上げ、
レスポンシブウェブへ組み変えを行いました。
 
 
素人なりにホームページを
作りはじめて12年ほど。
 
お客さまに一番お伝えしたいのは何か。
当店の一番のセールスポイントは何処なのか。
 
自分のことをこうも知らないものかと、
愕然とすることも多いのですが、
 
ホームページ作成を通じて、自らの
長短所がはっきりして、とてもためになります。
 
自分を鏡に映す大切さ。
(往々にして見たくないものが映ります・・)
  
その点だけとっても、苦労して
自作する甲斐があると思います。
 
迷いながら作っていく過程で、少しづつでも
皆さまとつながることができたらなら幸せ。
 
今後ともご愛顧のほどを
よろしくお願い申し上げます。
 
 
〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜
 
【レスポンシブで作ってみての感想】
 
 
PC閲覧ならじっくりと、
スマホ閲覧なら手っ取り早く、
 



ほしい情報にたどり着けるようにする。 
 
レスポンシブは、ユーザーの
画面サイズにレスポンス(反応)して、
 
最適化しながら見せていく手法。
 
ひとつのテキストをコーディングで
違う体裁に見せていく中で、
 
むずかしかった点をふたつばかり。
 
一つ目には、レイアウトを動かしたいけど
崩れてほしくはないという、
 
とても矛盾的で
これは何と言ったらよいのか・・。 
 
それと二つ目には、PCでの見え方しか
考えたことがなかったので、
 
モバイルファースト(PCよりスマホ優先)の
思想も、上手く咀嚼できずに難儀しております。
 
ウェブ制作のプロはどう解決してるのだろうか。
 
 
いまは、ようやくインターネットに
上げましたという状態。
 
こののちは、日々運営の中で楽しみながら
理解を深めていけたらと考えております。
 
どぞよろしく。


モバイルフレンドリー ホームページ 理容店 床屋さん
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11600163c.html
デジタル | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

黒樂茶碗と黒髪の意外な共通点

利休と樂長次郎が作り上げた樂焼。
 
その神髄はやはり黒樂茶碗
ということになると思います。
 
この黒樂の釉薬。
 
樂の黒が黒でないことを
ご存じでしょうか。
 
黒樂の釉薬は、加茂黒という加茂川上流で採れる
「褐色の」川石を粉にして使います。
 
その釉薬に茶碗を浸すのではなく、
釉薬を塗り付けていくのだそうです。
 
元々褐色のものゆえ、一回二回の重ね塗りだと
真っ黒にならず、茶色っぽさが残ります。
 

初期の黒樂が茶色っぽいのはそのためです。
 
一方、髪の毛も事情は同じで、
 
髪はメラニン色素という褐色の色素が
たくさん集まることで黒く見えています。
 
黒くはないのです。
 
なので、色素の少ない方は茶髪になりますし、
黒髪から白髪への移行期も髪が何となく茶色くなります。
 
ご自身の黒髪を自然光に透かしてみると
茶色いのが分かると思います。
 
黒樂と髪の毛の意外な共通点。
 
床屋さん的にはとても興味深い。




黒樂 樂焼 メラニン色素 黒髪 床屋さん
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11575997c.html
床屋さん | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

『茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術』展



東京国立近代美術館
『茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術』。
 
初代の長次郎さんからはじまる歴史を辿る旅。
 
400年も昔のものを”近代”美術館で開催するなんて、
なんか変わってるなあ。
 
そう思いつつ展示を見たら、樂茶碗のロシア巡回展プラス
15代吉左衛門さんの作品展という構成で、
 
過去から現在、そして未来へというベクトルに、
明確なメッセージが込められていました。
 
とてもいい展覧会。
 
樂。樂焼は本当は利休と長次郎で
ほぼ完結しているのだと思います。
 
展覧会を最後まで見た後に、もう一度
長次郎の『大黒』や『無一物』を見返せば、
 


誰でもそう感じると思います。
 
 
だけど、自分はどこまで長次郎に近づけるのか。
 
また、長次郎からどのくらい離れたら
樂焼ではなくなるのか。樂焼とは何なのか。
 
樂のご一族は、「模倣と独創性」という命題と
400年も闘ってきた人たちなのだと思います。
 
 
そんな中、ご当代(十五代吉左衛門)は
とても好きなアーティストのひとり。
 
彼の前衛的な樂は、その作品が
樂と呼べるかどうかを越えて、
 
「用の碗(用の美)」としても、つまり茶の湯の
お茶碗として使えるのかどうか、
 
そんなところまで突き抜けています。
 
これこそが自分だという答えを
世に突きつけている人の凄み。
 
彼の穏やかさは確立した自分への信頼だと思う。
とてもかっこいい。
 
 

『茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術』は
近代美術館常設展と連動企画を行っています。
 


「樂×対峙」をテーマとした一角。お茶碗と
インスタレーションや油彩が並んでいて愉快です。
 
吉左衛門さんの茶碗にしか見えない絵(ピエール・
スーラージュ。黒の画家ともいわれるらしい)もありました。
 


吉左衛門さんの言葉「作品をそのまま受け入れたら、
それは負けてるんです。アートに疑問を持たないといけません」は、
 
あるいはこちらの展示のほうが
実感できるかもしれません。
 
必見。
 
 



茶碗の中の宇宙 樂焼 近代美術館 竹橋
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11575871c.html
美術館・博物館 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

『草間彌生 わが永遠の魂』展



六本木国立新美術館
『草間彌生 わが永遠の魂』。
 
草間さんは一番好きなアーティストのひとり。
 
アートとは自己の解放、顕示。
 
そこには人間離れしたバイタリティーと
少しばかりの狂気も必要なのだと思う。
 
最新作『わが永遠の魂』は162×162cmの大作が
なんと132枚(全部持ってくると500枚以上らしい)。
 
テニスコートが2、3面は入ろうかというギャラリーは
この作品だけでいっぱいでした。
 

老齢(1929年 昭和4年 御年88)の前衛芸術家が、
あれだけの大作を、しかも連作で描き切ったとは、
 
俄かには信じられません。
 
同じ大作でも、村上隆さんの五百羅漢図などは
レンブラント工房のチーム作業というイメージ。
 
一方草間さんの作品は、一枚一枚が
彼女の肉筆なのだと思います。
 

下塗りされたキャンバスに筆を躍動させる。
 
2009年から描きつづけた連作、
『わが永遠の魂』は6日に一枚のハイペース。
 
強迫的というか、そこにはやはり、
ある種の狂気が必要なのだと思う。
 
 
この展覧会では時系列に合わせ
初期の作品を見ることができます。
 
初期の暗さの中にすでに、
後年の爆発のエレメントが見てとれるのは面白い。
 
 

展覧会に寄せた草間さんのメッセージがとてもイカシてた。
 
〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜
さあ闘いは無限だ
もっと独創的作品をたくさんつくりたい
そのことを考える眠れない夜
創作の思いは未知の神秘への憧れだった
私は前衛芸術家として宇宙の果てまでも闘いたい
倒れてしまうまで
〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜
 
ポップで、ドットで、目ン玉で。
草間さんの狂気を堪能しました。


六本木 国立新美術館 草間彌生 わが永遠の魂
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11564476c.html
美術館・博物館 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
Master Roccaイメージ
Master Rocca
プロフィール公開中 プロフィール
自由が丘・九品仏駅から7分の床屋さん、理容六花です。
髪の毛を切る、ただそれだけで気持ちが軽くなるのはなぜでしょうか。
床屋さん、自由が丘、美術館に読書。興味の向くままに、まとまりなく綴っています。
〜・〜・〜・〜
スマートフォンの方もパソコン版が読みやすいと思います。PC版は自由が丘ブログTOPページからお入りいただけます。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
今日 合計
ビュー 37 745521
コメント 0 423
お気に入り 0 7

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

外苑東クリニック
東京 人間ドック