サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/rocca

天地明察、金王八幡宮


山種美術館から流れて、
渋谷の金王八幡さまに行ってきました。
 
『天地明察』を読んでから、
いつか行きたかったのです。
 

ビルの谷間に広々とした参道。
意外と大きく、静かな神社さんです。
 
本殿におまいりしてしてから境内を散策。
 
「算額って、一般人が見れるところには飾っていないのかな」
と思っていたら、おお、算額は宝物館にありました。
 


算額は宝物館の外からは陰になっていて、
神輿と山車の後ろあたりにあります。
 
この算額には「關流門人」と書いてあり(と読めた)、
 
「關」は「関」だと思うのですが、これって
和算学者・関孝和さんのお弟子さんということでしょうか。
 
以前、科学博物館で渋川春海(安井算哲)の
展覧会を見ているので、
 
今回は関さんの息遣いを感じられた気がして、
何だかとてもうれしかった。
 
また近くに行ったら、
また寄らせていただこうと思います。
 
 

 
 



天地明察 金王八幡宮
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11557777c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ギィ・リブ『ピカソになりきった男』


ギィ・リブ著『ピカソになりきった男』。
 
有名贋作画家ご本人による半生本。
 
一流画家たちがもう一枚描いていたら、
こんな作品を描いたであろうという
 
新作(架空の未発表作品)を
生み出すという発想はすごいと思う。
 
どのようにして、贋作を
表に出す(真作にしてしまう)のか。
 
アートの値付けや市場のカラクリなども
生々しくて興味深い。
 
ピカソ、シャガール、モネ、ドガ。
フジタまで真似ていたとは。
 
本物であること、芸術的であることとは、
結局どういうことなのだろうか。
 
綺麗ごとではないアートの生な部分が
うまくまとめられていて、
 
読み物としてとても面白い。
 
絵筆の多彩さ(多才さ)のみならず、
リブ氏の文章力にも驚かされました。


ギィ・リブ ピカソになりきった男 贋作 アート
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11535766c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

『一九八四年 [新訳版] 』


ジョージ・オーウェル『一九八四年 [新訳版] 』。
 
色んな小説や作品で「ビッグ・ブラザー」という
ワードが比喩的に使われるので、
 
今さらながら読んでみました。
 
全体主義・社会主義の
わりと救いのないお話。
 
解説を読まなかったら、
小説の意味を拾いきれなかったかも。
 
解説を読んでから、ニュースピークの附録を読むと
かすかな救い(なのだろうか)と思える部分があります。
 
解説・附録は必読です。
 
この小説の意義は、読んだ人が後から
あれこれ考えるところにあるのかも知れません。
 
執筆当時、オーウェルは、もちろん
インターネットを想定していなかったと思うのですが、
 
1949年刊行の本が2016年に古くなっていないことに
ある種の感動を覚えました。


ジョージ・オーウェル 一九八四年 新訳版 1984
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11498134c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

『ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女』


『ミレニアム』の著者、
スティーグ・ラーソンの急逝を受け、
 
新章『ミレニアム4』は
ダヴィド・ラーゲルクランツの作となりました。
 
途中で著者がスウィッチするとは
かなり珍しい。
 
世界で8000万部も売り上げたお化け小説。
 
それを著者本人の許可もなく
書き繋ぐってどうなのだろうか。
 
それはもう違う作品ではないのか。
 
そんな気持ちを抱きつつも、
リスベットの活躍が気になり読んでしまいました。
 
ラーゲルクランツの『ミレニアム4』は、
前3作をよく研究しているなあといった印象。
 
『123』から『4』へ
ほとんど違和感がありません。
 
さまざまなエピソードを
詰め込みすぎな傾向のあるものの、
 
早い展開で面白いです。
 
ちょっと残念なのは、
 
ラーソン版『ミレニアム』の持っていた
北欧の寒さ冷たさ、
 
あるいは暗さや陰みたいなものが
消えてしまったこと。
 
『4』の大きなスケール、
あふれるスピードは、
 
この先、007な大活劇になりはしないか
やや気を揉んでいます。
 
『ミレニアム』は、やっぱり
『ミレニアム』であってほしいと思う。
 
『ミレニアム』“シリーズ”は
5作目6作目も予定されているようです。
 
今後は姉妹対決、舞台は
ロシアとへ広がりを見せるのだろうか。
 
次作が待ち遠しい。


ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 スティーグ・ラーソン ダヴィド・ラーゲルクランツ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11491832c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

『人生を面白くする本物の教養』


出口治明『人生を面白くする本物の教養』。
 
おなじみライフネット生命CEOの出口さん。
 
ロマンチックな歴史好き、
そして合理的な経営者でもあります。
 
一部では「経営は大したことないけど本は面白い」
とまで言われる出口さん。
 
『仕事に効く教養としての「世界史」』
は特に面白かった。
 
『人生を面白くする本物の教養』は、
 
そんな彼の仕事、人生の時間の使い方や知性、
国家と個人のあり方など、
 
考え方のベースが
箇条形式を取っていて分かりやすい。
 
読み終えた感想は「真っすぐな見方で好印象」と
 
「世の中はこんなロマンチックにできているのだろうか」
の二点。
 
 
しかし、人生とは旅。
 
自分の頭で考える重要さ、判断材料としての
本・旅・出会いの大切さは大きくうなずけます。
 
わたくし世代はもちろん、
 
30代くらいの方が読むと、著者のいう
「腑に落ちる」感覚を得られるのではないでしょうか。
 
 
わたくし個人的には、NHK基礎英語の有用性に
言及してくださってうれしかった。
 
今更ながら、わたくしは中学3年向け
基礎英語をやり直しているところ。
 
ちょっと背中を押された感じで、
今年度も頑張ろうと思いました。


人生を面白くする本物の教養 出口治明
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11365796c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
Master Roccaイメージ
Master Rocca
プロフィール公開中 プロフィール
自由が丘・九品仏駅から7分の床屋さん、理容六花です。
髪の毛を切る、ただそれだけで気持ちが軽くなるのはなぜでしょうか。
床屋さん、自由が丘、美術館に読書。興味の向くままに、まとまりなく綴っています。
〜・〜・〜・〜
スマートフォンの方もパソコン版が読みやすいと思います。PC版は自由が丘ブログTOPページからお入りいただけます。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 48 751703
コメント 0 429
お気に入り 0 7

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

外苑東クリニック
東京 人間ドック