サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/rocca

映画『母がる』


映画『母がる』は、フレッシュな
大河原恵監督の最新作。
 
大河原監督の前作『みんな蒸してやる』は
PFFアワード2015に入選しています。
 
(PFF=ぴあフィルムフェスティバル。入選20/全577本)
 
その『母がる』。
 
先日渋谷のUPLINKという小さな映画館まで
足を延ばして観てきました。
 


映画館のことを「ハコ」と言ったりします。
UPLINKは、そんな表現の似合う小さなハコ。
 
この映画は、じつはシーンの一部を
理容六花で撮影しています。
 
「どんな風に使われているのだろうか」。
 
そんな関心からも、
とても楽しく鑑賞できました。
 
 
物語後半の展開には驚き。
 
舞台のような雰囲気もあり、
わりとぶっ飛んでいる作品だと思います。
 
大河原映画は今作しか見ていないのですが、
 
ひょっとすると
いつもハイパーなのかもしれません。
 
お米屋さん役の安東信介さんは
いい味を出していました。
 
あの存在感はずるいかも。

 
大河原監督は、自分の面白いと思えるものを
まっすぐに表現していて眩しいです。
 
この先はどのように変化(へんげ)
なさるのか、かなり楽しみ。
 
 
物づくりを生業としている者として、わたくしも
表現者の端くれでありたいと思っています。
 
顔を上げて見渡してみると
世間は刺激に満ちています。
 
いくつになっても、
少しづつでも進まなきゃ。
 
そんな刺激を受けました。
ありがとう。
 
 
 
 
  


大河原恵 母がる 映画
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11335045c.html
映画 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

スターウォーズと『冒険者たち』

DVDを売ったら、スターウォーズ
エピソード2、3、よりも、
 
アラン・ドロンの
『冒険者たち』のほうが高値だった。
 


お直しのなかった時代にあのカッコ良さ。
 
さすがは世界の恋人。
 
『冒険者たち』は、アラン・ドロンの
顔だけでなく物語も最高です。
 
機会があったらぜひ。
 

(『冒険者たち』は一番好きな映画の一つですが、DVDの映像がひどすぎて泣く泣く手放しました。ブルーレイ化してほしい)


スターウォーズ 冒険者たち
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11311612c.html
映画 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

スターウォーズ『フォースの覚醒』


スターウォーズの新作
『フォースの覚醒(The Force Awakens)』。
 
さっそく見てまいりました。
 


ハン・ソロ、レイア、そしてルーク。
 
懐かしい顔もたくさん。
みんな、年を取りました。
 
ルークの声が聴きたい。 
 
ああ、ソロ。
これ以上は言えません。
 

そして、新章のヒロイン、
レイ(デイジー・リドリー)。
 
彼女の目がとてもいい。
 
この作品を見ると、誰もが彼女のことを
好きになってしまうのではないでしょうか。
 

スターウォーズの7作目にあたる
『フォースの覚醒』は、
 
メタリックなエピソード1・2・3と、
マットでダスティーなエピソード4・5・6の、
 
その世界観をうまく
引き受けていると思います。
 
雪だるまのようなドロイド、BB-8。
 

彼は意外と足が速いので場面にスピード感があり、
R2とはまた違う味わいがあります。
 
とてもキュート。
 
『フォースの覚醒』で、シリーズの
この先の展開がとても楽しみになりました。
 
スターウォーズ全9作品を見届けるのは、
わたくしのライフワーク。
 
次作が待ち切れません。
  
〜・〜・〜・〜

  

スターウォーズDVDの1〜6。
 
いずれblu-rayを買うつもりなので、
手持ちのDVDを売ってきました。
 
かなり昔のものなのに、
結構な数字(3,100円)が付きました。
 
さすがはスターウォーズ。
人気です。


starwars theforceawakens スターウォーズ フォースの覚醒
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11311608c.html
映画 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

映画『砂の器』


監督・野村芳太郎、主演・丹波哲郎の映画『砂の器』
(2005年デジタルリマスター版)。
 
原作はいわずと知れた松本清張氏です。
 
共演陣は加藤剛、森田健作、加藤嘉、緒形拳、
そして佐分利信と、脇を力強く固めています。
 
島田陽子さんはとても可憐でした。
 
 
人は生まれ変われるのだろうか。
 
生まれ変わったように
生きたいと思うことが罪なのか。
 
映画のテーマは
宿縁、宿命という一点に注がれています。
 
時間と場所を越えて焦点が絞られていくさまは、
とても清張らしいと思いました。
 
丹波さんが容疑者の父と対峙する場面では思わず涙。
 
「幸せになりたいだけなんだけど」。
「努力もしたんだけど」。
 
「結局幸せってなんだろう」。
 
そんな声が聞こえてくるようです。
 
登場人物に本当の悪人がいないところがまた
テーマの深さを感じさせます。
 
しかし、カタルシスを得られる
(悲劇を観て泣いてスッキリ)わけでもなく、
 
感動で一括りにもできない、
なんだか凄い映画でした。
 
(ただ名作であることは間違いない)


松本清張 砂の器 映画 丹波哲郎
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p10970010c.html
映画 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
Master Roccaイメージ
Master Rocca
プロフィール公開中 プロフィール
自由が丘・九品仏駅から7分の床屋さん、理容六花です。
髪の毛を切る、ただそれだけで気持ちが軽くなるのはなぜでしょうか。
床屋さん、自由が丘、美術館に読書。興味の向くままに、まとまりなく綴っています。
〜・〜・〜・〜
スマートフォンの方もパソコン版が読みやすいと思います。PC版は自由が丘ブログTOPページからお入りいただけます。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
今日 合計
ビュー 42 739156
コメント 0 423
お気に入り 0 7

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

外苑東クリニック
東京 人間ドック