サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/rocca

東博のわら人形

東京国立博物館、
東博・東洋館で見かけた「呪詛(じゅそ)人形」。
 


「1877(明治10)年、上野公園でイチョウの樹に鉄釘7本(うち6本が現存)で打ち付けられていた状態で発見されました。いわゆる“呪いのわら人形”で、憎い相手を呪うため、相手の髪の毛などを人形の中に収め、深夜に釘を打ち付けたのでしょう」。 
 
 
この呪詛人形は外国産かと思いきや
 
「上野公園のイチョウ」って、
東京国立博物館のある上野公園で自家調達です。
 
「深夜に釘を打ち付けたのでしょう」という
冷静なキャプションが少し笑えますが、
 
そもそも、
これは博物館に入るような代物なのだろうか。
 
品物の背景(誰が誰を呪ったのか)はもちろんですが、
それよりもむしろ、
 
この藁人形が大切に保存され、国立博物館へ
展示されるに至った経緯のほうが興味深い。
 

上野公園はイチョウだらけ。
いったいどの木なのだろうか。
 
祟られそうで恐ろしい。


東博 東洋館 わら人形
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11669919c.html
美術館・博物館 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

久しぶりに根付づくり

友人からいただいた黒水牛角で根付作り。
時間を見つけては少しづつ作っています。
 
ヘアカットは切るというよりも、
削る感覚が強いので、
 
彫刻はヘアカットのスキルアップにもなり、
とても楽しい作業です。
 
今回は「秀」の一字。
手書き文字を形に起こしてみました。
 

根付はいつもできるだけ
アナログな作り方をしています。
 

美術好きとしては、そうすることで過去の製作者たちの
凄さの一端を感じられるのではないかと思うからです。
 
ヤスリと小刀で削り出して、
耐水ペーパーと綿布で研磨してのち、
 



今回は椿油に浸しました。
 

水牛角は多孔質で、わりと柔らかい
(足の親指の爪を硬くしたくらいのイメージ)ため、
 
磨きをかけても
すぐに曇りが入るのが悩み。
 
鋏のコバルト鋼くらい硬いと、綿布や
バフだけでもかなりピカピカになるのですが、
 
原因が素材の柔さにあるため、
バフで出した艶は長持ちしません。
 


プロフェッショナル製作者は染色したり、
樹脂を使ったりしているのかな。
 
木材の「との粉」よろしく、
炭粉(すみこ)を塗してから磨くのも良さそうです。
 
昔の製作者もできそうなことで、ひとつ
自分なりに思いついたことがあるので、
 
次回試してみようと思います。


水牛角 根付 手作り
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11669906c.html
図画工作 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
Master Roccaイメージ
Master Rocca
プロフィール公開中 プロフィール
自由が丘・九品仏駅から7分の床屋さん、理容六花です。
髪の毛を切る、ただそれだけで気持ちが軽くなるのはなぜでしょうか。
床屋さん、自由が丘、美術館に読書。興味の向くままに、まとまりなく綴っています。
〜・〜・〜・〜
スマートフォンの方もパソコン版が読みやすいと思います。PC版は自由が丘ブログTOPページからお入りいただけます。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 15 753453
コメント 0 429
お気に入り 0 7

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

外苑東クリニック
東京 人間ドック