サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/rocca

『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史』


磯田道史著『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史』。
 
日本とは何か、
日本人とは何者なのか。
 
そして私たちは何をするのか、
また、しなければならないのか。
 
司馬遼太郎はそれらを考え、
発信し続けた作家。
  
著者の磯田さんはこの本の中で、
個々の司馬作品の評価ではなく、
 
司馬遼太郎自体をある種の歴史的現象として
分析、解説なさっています。
 
作品の生まれた時代背景は興味深かったです。
 
歴史家としての磯田氏の
目線を感じられて面白かった。
 
 
わたくしの一番好きな作家、司馬遼太郎。
ほとんどの作品を読んでいると思います。
 
司馬作品、わたくしのベスト3はといえば
『竜馬がゆく』、『菜の花の沖』、
 
そして『燃えよ剣』あたりでしょうか。
 
『竜馬がゆく』は青春群像劇。
意外と読みやすいです。
 
自分(の性格)に似ている
登場以人物が必ずいるので、
 
若いうち、できれば10代20代のうちに
読んでおかれるのが良いと思います。
 
 
ベスト3以外で心に残っているのは『国盗り物語』、
『坂の上の雲』、『殉死』、『花神』、『翔ぶが如く』。
 
『この国のかたち』、『街道をゆく』もよかった。
 
 
司馬作品をとっつきにくいと感じる人は、
『燃えよ剣』あたりから読むと入りやすいかも。
 
余談ながら『燃えよ剣』文中には、
九品仏のお面かぶりがチラリと出てきます。
 
おすすめ。
  
 
 


磯田道史 司馬遼太郎で学ぶ日本史
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11708477c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
『グーグルに学ぶディープラーニング』
天地明察、金王八幡宮
ギィ・リブ『ピカソになりきった男』
このブログトップページへ
Master Roccaイメージ
Master Rocca
プロフィール公開中 プロフィール
自由が丘・九品仏駅から7分の床屋さん、理容六花です。
髪の毛を切る、ただそれだけで気持ちが軽くなるのはなぜでしょうか。
床屋さん、自由が丘、美術館に読書。興味の向くままに、まとまりなく綴っています。
〜・〜・〜・〜
スマートフォンの方もパソコン版が読みやすいと思います。PC版は自由が丘ブログTOPページからお入りいただけます。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 56 774155
コメント 0 429
お気に入り 0 7

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

外苑東クリニック
東京 人間ドック