サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/rocca

『草間彌生 わが永遠の魂』展



六本木国立新美術館
『草間彌生 わが永遠の魂』。
 
草間さんは一番好きなアーティストのひとり。
 
アートとは自己の解放、顕示。
 
そこには人間離れしたバイタリティーと
少しばかりの狂気も必要なのだと思う。
 
最新作『わが永遠の魂』は162×162cmの大作が
なんと132枚(全部持ってくると500枚以上らしい)。
 
テニスコートが2、3面は入ろうかというギャラリーは
この作品だけでいっぱいでした。
 

老齢(1929年 昭和4年 御年88)の前衛芸術家が、
あれだけの大作を、しかも連作で描き切ったとは、
 
俄かには信じられません。
 
同じ大作でも、村上隆さんの五百羅漢図などは
レンブラント工房のチーム作業というイメージ。
 
一方草間さんの作品は、一枚一枚が
彼女の肉筆なのだと思います。
 

下塗りされたキャンバスに筆を躍動させる。
 
2009年から描きつづけた連作、
『わが永遠の魂』は6日に一枚のハイペース。
 
強迫的というか、そこにはやはり、
ある種の狂気が必要なのだと思う。
 
 
この展覧会では時系列に合わせ
初期の作品を見ることができます。
 
初期の暗さの中にすでに、
後年の爆発のエレメントが見てとれるのは面白い。
 
 

展覧会に寄せた草間さんのメッセージがとてもイカシてた。
 
〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜
さあ闘いは無限だ
もっと独創的作品をたくさんつくりたい
そのことを考える眠れない夜
創作の思いは未知の神秘への憧れだった
私は前衛芸術家として宇宙の果てまでも闘いたい
倒れてしまうまで
〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜
 
ポップで、ドットで、目ン玉で。
草間さんの狂気を堪能しました。


六本木 国立新美術館 草間彌生 わが永遠の魂
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11564476c.html
美術館・博物館 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
『茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術』展
山種美術館『日本画の教科書』展
『ダリ展』
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
Master Roccaイメージ
Master Rocca
プロフィール公開中 プロフィール
自由が丘・九品仏駅から7分の床屋さん、理容六花です。
髪の毛を切る、ただそれだけで気持ちが軽くなるのはなぜでしょうか。
床屋さん、自由が丘、美術館に読書。興味の向くままに、まとまりなく綴っています。
〜・〜・〜・〜
スマートフォンの方もパソコン版が読みやすいと思います。PC版は自由が丘ブログTOPページからお入りいただけます。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 3月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 22 741204
コメント 0 423
お気に入り 0 7

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

外苑東クリニック
東京 人間ドック