サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/rocca

東博のわら人形

東京国立博物館、
東博・東洋館で見かけた「呪詛(じゅそ)人形」。
 


「1877(明治10)年、上野公園でイチョウの樹に鉄釘7本(うち6本が現存)で打ち付けられていた状態で発見されました。いわゆる“呪いのわら人形”で、憎い相手を呪うため、相手の髪の毛などを人形の中に収め、深夜に釘を打ち付けたのでしょう」。 
 
 
この呪詛人形は外国産かと思いきや
 
「上野公園のイチョウ」って、
東京国立博物館のある上野公園で自家調達です。
 
「深夜に釘を打ち付けたのでしょう」という
冷静なキャプションが少し笑えますが、
 
そもそも、
これは博物館に入るような代物なのだろうか。
 
品物の背景(誰が誰を呪ったのか)はもちろんですが、
それよりもむしろ、
 
この藁人形が大切に保存され、国立博物館へ
展示されるに至った経緯のほうが興味深い。
 

上野公園はイチョウだらけ。
いったいどの木なのだろうか。
 
祟られそうで恐ろしい。


東博 東洋館 わら人形
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11669919c.html
美術館・博物館 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
『高円宮家所蔵 根付コレクション』
はらぺこあおむし『エリック・カール展』
『茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術』展
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
Master Roccaイメージ
Master Rocca
プロフィール公開中 プロフィール
自由が丘・九品仏駅から7分の床屋さん、理容六花です。
髪の毛を切る、ただそれだけで気持ちが軽くなるのはなぜでしょうか。
床屋さん、自由が丘、美術館に読書。興味の向くままに、まとまりなく綴っています。
〜・〜・〜・〜
スマートフォンの方もパソコン版が読みやすいと思います。PC版は自由が丘ブログTOPページからお入りいただけます。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 42 753405
コメント 0 429
お気に入り 0 7

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

外苑東クリニック
東京 人間ドック