サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/rocca

盆栽の美術館


大宮の盆栽美術館。
 
かえでの樹皮の滑らかさや、
松、真柏の雄々しさが普通じゃないのです。
 
岸信介の花梨や


大隈重信の松など、


著名な方々の所有物(元?)も展示。
 
展示点数は少なめながら、
逸品と対峙していると案外疲れるため、
 
十分満足のいく鑑賞となりました。
 

盆栽は200年300年と
経ている作品が珍しくなく、
 
そもそも所有という概念は
相応しくないのかも知れません。
 
むしろ刹那の連続たる、永遠の美術品を
ひと時お預かりしている。そんな感覚でしょうか。
 
手間と愛情と気の遠くなるような年月。
永遠といってもいいほどの生の輝き。
  
それら瞬間の連続、結晶化したものが
たぶん盆栽なのだと思います。
 
 
盆栽がお年寄りのご趣味という
ステレオタイプはあまりにも勿体ない。
 
おじいちゃんの土いじり的な、
変な先入観を持っていない外国人に
 
BONSAIが人気なのも
大きくうなずける話だと思います。
 
 
自由が丘からわずか一時間ほどと意外な近さ。
ワンデートリップにちょうどいい感じです。

足を延ばされる際には周辺の盆栽村もぜひご一緒に。
ひと鉢買いたくなること請け合いです。
 
 



さいたま市 大宮 盆栽美術館
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11719954c.html
美術館・博物館 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ミュ ゼ浜口陽三・ヤマサコレクション『忘れられない、』
國學院大學博物館 『いのちの交歓−残酷なロマンティスム−』
東博のわら人形
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
Master Roccaイメージ
Master Rocca
プロフィール公開中 プロフィール
自由が丘・九品仏駅から7分の床屋さん、理容六花です。
髪の毛を切る、ただそれだけで気持ちが軽くなるのはなぜでしょうか。
床屋さん、自由が丘、美術館に読書。興味の向くままに、まとまりなく綴っています。
〜・〜・〜・〜
スマートフォンの方もパソコン版が読みやすいと思います。PC版は自由が丘ブログTOPページからお入りいただけます。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 59 774158
コメント 0 429
お気に入り 0 7

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

外苑東クリニック
東京 人間ドック