サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/rocca

サントリー美術館 『京都・醍醐寺−真言密教の宇宙−』


サントリー美術館
『京都・醍醐寺−真言密教の宇宙−』。

醍醐寺といえば桜、
秀吉に茶会。

けれど醍醐の桜が有名なのは単に
境内に桜が植わっていたからではなく、

密教の信仰とも結びついていたことには驚きました。
(山水屏風・せんずいびょうぶ)

教えの深い部分を口述するのが
困難とされる密教の、

その心象風景に桜が在るのは不思議なような、
言わなくとも伝わるような。

端緒はどんな風だったのだろうか。


国宝の薬師如来は慈愛に満ちたまなざし。
ありがたみが普通じゃなかった。

あんなに大きな仏像を
よく東京まで運んできてくれたものです。

薬師如来脇侍は薬師如来さんに比べて
ずいぶん小っちゃかったけど、

やはり日光月光のおふたりなのかな。
(特に説明はありませんでした)


そして三宝院の障壁画、
これはうれしかった。

間近でゆっくり見ることができて幸せ。
もう一度見に行こうかと考え中です。


密教寺院の展覧会というと、たいていは
独鈷と曼荼羅の印象ばかりが残ります。

ところがこの
『京都・醍醐寺−真言密教の宇宙−』は、

ざっくり密教というよりも、
もう少し醍醐寺そのもの。

その輪郭を見せることに
成功していると思います。



サントリー美術館 『京都・醍醐寺−真言密教の宇宙−』 


サントリー美術館  京都 醍醐寺 真言密教の宇宙
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000001051/p11778396c.html
美術館・博物館 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
盆栽の美術館
ミュ ゼ浜口陽三・ヤマサコレクション『忘れられない、』
國學院大學博物館 『いのちの交歓−残酷なロマンティスム−』
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
Master Roccaイメージ
Master Rocca
プロフィール公開中 プロフィール
自由が丘・九品仏駅から7分の床屋さん、理容六花です。
髪の毛を切る、ただそれだけで気持ちが軽くなるのはなぜでしょうか。
床屋さん、自由が丘、美術館に読書。興味の向くままに、まとまりなく綴っています。
〜・〜・〜・〜
スマートフォンの方もパソコン版が読みやすいと思います。PC版は自由が丘ブログTOPページからお入りいただけます。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 48 778248
コメント 0 429
お気に入り 0 7

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト


外苑東クリニック
東京 人間ドック