健太の自由ブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/kenta

ほんとに傷ついたわ

 彼女が深くため息を漏らしたら、本当に話したくないというしるしである。私は「もしそうなら、ぜひ聞かせてほしい」と頼み、一息おいて、「もし君を傷つけたのなら、何がいけなかったのか知りたいんだ。もう二度としないために」と言う。

 この時点で彼女も話す気持ちになっている。「こないだ二人で話をしてた時に、電活がかかってきて、私の話の最中にあなた電話に出たでしよ。それで、電話が終わっても話を続けよう、と言ってくれなかったじゃない。ほんとに傷ついたわ」


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000107367/p11682945c.html
日記

2つの新ミュージアムが明かす、イヴ・サンローランの秘密

 イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)は20世紀における最も偉大なファッションデザイナーの1人といえるだろう。その一方で非常に秘密めいた存在でもあった。公私ともに長年にわたりパートナーだったピエール・ベルジェ(Pierre Berge)は、この伝説的な存在を支えた非常にタフなビジネスブレーンであり、精神の継承者だった。そのベルジェの死から3週間経った今、サンローランの最も深い秘密のいくつかが明かされようとしている。

 サンローランに捧げられた2つの新しいミュージアムの1つが3日、パリ(Paris)にオープンする。悲痛なほどシャイだったファッションの革命家の謎が、今回初公開となる彼の私的なドローイングや多くの本、ドキュメンタリーを通して解き明かされようとしている。

 30年以上もの間、ファッション界の概念を揺さぶり続けたサンローランのパリの邸宅は、彼のオートクチュール作品を称賛するためのミュージアムへと生まれ変わった。ベルジェがパートナーの遺産を保護するために設立した財団は、さらに大きいミュージアムを、2人が愛した町であり、サンローランがコレクションのための最初のスケッチを描くために頻繁に訪れた、モロッコのマラケシュ(Marrakesh)に来月オープンするという。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000107367/p11677366c.html
日記

まさに毎日が自分発見なのです

  誰しも白分自身には甘くなりがちです。甘やかしているから、自分を正確にとらえることができない。これでは自分の生き方を見失うのも当然です。いい仕事をし、いい恋愛をしている人たちをよく観察してみてください。

  自分に対しでとてもシビアな人たちが多いことに気づくはずです。あなたの年齢は、まさに毎日が自分発見なのです。容姿でもそうです。自分が○脚であることがコンプレックスだったとします。これこそがあなたという入間を知る大きなヒントになるのです。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000107367/p11672134c.html
日記

どうしてあんなことをしてしまったのだろう

  心を込めて相手に伝えられたとき、あなたにもきっと素晴らしいことが起こるでしょう。どうしてあんなことをしてしまったのだろう。

  あんなことを言わなければよかったーと、自分を責めることがあります。自己嫌悪に陥り、事あるごとにその穴ばかりを見つめ、挙げ句はもっと掘り起こし、その穴をどんどん大きくしてしまう。

  でも、そのことばかり掘り探っていても、それで解決できるわけではないのです。例えば、あなたが彼との別れにつながるような、決定的な一言を口にしてしまったとします。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000107367/p11662417c.html
日記

病気の少女、ベッドでネズミに襲われ顔など225か所にけが

 フランス北部ルーベ(Roubaix)で1日夜、自宅のベッドに横たわっていた対まひ(左右対称性のまひ)の14歳少女がネズミの群れに襲われ、顔など体の225か所をかまれたり引っかかれたりしていたことが分かった。地元警察が8日、明らかにした。

 少女は医療用ベッドに無防備な状態で横たわっていたところをネズミの群れに襲われ、顔を含む体全体に傷を負った。

 警察筋がAFPに語ったところによると、病院職員が3日、この少女が入院したと警察に通報した。

 地元紙によると、診察した法医学者は、傷はベッドに横たわる少女の体に群がったネズミによってつけられたものだと結論づけた。

 警察筋によると、少女の父親は大家とルーベ市を告訴した。父親は両者に対し、近くの駐車場に放置されていたごみ箱を撤去するよう繰り返し要請していたという。

 検察当局がAFPに語ったところによると、「人間の尊厳に反する住宅環境」についての予備調査が開始された。現時点ではルーベ市役所と大家のコメントは得られていない。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000107367/p11656388c.html
日記

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ

前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト


外苑東クリニック
東京 人間ドック