健太の自由ブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/kenta

一度合意した「慰安婦問題」を反故に

 2017年、韓国は大きな変化の年となった。朴槿恵(パク・クネ)大統領が弾劾裁判を受けて「弾劾」されたことがまずあげられる。急遽、5月に大統領選挙が行なわれ進歩派の文在寅氏が大統領になった。民衆の味方を標榜する文大統領。支持率は70%を越えていて、妥当な線であろう。しかしこの年末にきて、慰安婦問題がまたイシューとしてホットポテトになってしまったのは、ちょっと残念だ。

 2015年12月28日に安倍首相と韓国の朴槿恵大統領との間で取り交わされた日韓慰安婦問題の合意。2017年12月28日に、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は韓国外相の作業部会(タスクフォース、TF)の検証結果を受け、「この合意で慰安婦問題は解決できない」などとする談話を出した。今のところはまだこの談話にとどまっているけど、このTFの結果を受け、はっきりと「日韓慰安婦問題の合意を再検討する」と日本側につきつける事態となれば、日本と韓国の間に深い禍根を残すことになりそうだ。

 韓国の朝刊各紙の意見は、合意に至ったプロセスの杜撰さを批判する一方で、必ずしも今回のTFの検証結果を歓迎する色合いばかりではない。一旦は「最終的かつ不可逆的に」解決がついていたのに、合意からわずかジャスト2年後にそれを反故にするような内容が出されたことで、「どの国が韓国政府を信用して秘密の取引をすることができるのか」といった指摘が各紙から出されている。

 特に大きな問題は、経緯の調査という名目で、30年間、秘密にすべき外交文書が2年で公開されたこと。合意時に外相だった尹炳世(ユン・ビョンセ)氏は、「複雑な難しい外交交渉の結果とプロセスを、外交慣例を無視して、外務省70年の歴史に前例のない民間TFという形式で一方的に公開したことは、今後、韓国の外交に対する国際社会の信頼を低下させるだろう」と非難するコメントを出している。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000107367/p11698094c.html
日記

彼の方が先に心を開いてくれなきゃ駄目

 女性が心を閉ざし、「彼の方が先に心を開いてくれなきゃ駄目」とかたくなになっているもつちは、いいコミュニケーションは望めない。男を変えるのではなく、まず白分を変えること。彼が先に心を開いてくれれば、私も気持ちを打ち切けられるのに、などと思っていてはいけない。

 よくあるこの問題を解決するには、女性の方から「話を聞いていたわってほしい、理解してほしい」と彼に働きかけることだ。無理やり彼の心を開かせるよりも、女性が一呼吸おいて彼に話を聞く準備をしてもらった方が、はるかに努カは報われる。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000107367/p11687494c.html
日記

ほんとに傷ついたわ

 彼女が深くため息を漏らしたら、本当に話したくないというしるしである。私は「もしそうなら、ぜひ聞かせてほしい」と頼み、一息おいて、「もし君を傷つけたのなら、何がいけなかったのか知りたいんだ。もう二度としないために」と言う。

 この時点で彼女も話す気持ちになっている。「こないだ二人で話をしてた時に、電活がかかってきて、私の話の最中にあなた電話に出たでしよ。それで、電話が終わっても話を続けよう、と言ってくれなかったじゃない。ほんとに傷ついたわ」


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000107367/p11682945c.html
日記

2つの新ミュージアムが明かす、イヴ・サンローランの秘密

 イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)は20世紀における最も偉大なファッションデザイナーの1人といえるだろう。その一方で非常に秘密めいた存在でもあった。公私ともに長年にわたりパートナーだったピエール・ベルジェ(Pierre Berge)は、この伝説的な存在を支えた非常にタフなビジネスブレーンであり、精神の継承者だった。そのベルジェの死から3週間経った今、サンローランの最も深い秘密のいくつかが明かされようとしている。

 サンローランに捧げられた2つの新しいミュージアムの1つが3日、パリ(Paris)にオープンする。悲痛なほどシャイだったファッションの革命家の謎が、今回初公開となる彼の私的なドローイングや多くの本、ドキュメンタリーを通して解き明かされようとしている。

 30年以上もの間、ファッション界の概念を揺さぶり続けたサンローランのパリの邸宅は、彼のオートクチュール作品を称賛するためのミュージアムへと生まれ変わった。ベルジェがパートナーの遺産を保護するために設立した財団は、さらに大きいミュージアムを、2人が愛した町であり、サンローランがコレクションのための最初のスケッチを描くために頻繁に訪れた、モロッコのマラケシュ(Marrakesh)に来月オープンするという。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000107367/p11677366c.html
日記

まさに毎日が自分発見なのです

  誰しも白分自身には甘くなりがちです。甘やかしているから、自分を正確にとらえることができない。これでは自分の生き方を見失うのも当然です。いい仕事をし、いい恋愛をしている人たちをよく観察してみてください。

  自分に対しでとてもシビアな人たちが多いことに気づくはずです。あなたの年齢は、まさに毎日が自分発見なのです。容姿でもそうです。自分が○脚であることがコンプレックスだったとします。これこそがあなたという入間を知る大きなヒントになるのです。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000107367/p11672134c.html
日記

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ

前の年へ 2019年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト


外苑東クリニック
東京 人間ドック