テルミのブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/terumii

橙色の果実が実る樹木へぶら下がる毛の猿

  橙色の果実を口元へ運ぶ白毛の猿。本作に描かれるのは、題名に『異国風景』と付けられているよう、画家が1904年頃から精力的に取り組んだ画題である異国情緒に溢れた密林(熱帯)風景で、本作はルソー随一の代表作『夢』と共に、最晩年に制作された作品である。

  橙色の果実が実る樹木へぶら下がる毛の猿。本作の各構成要素はどれも画家の個性に富んでおり、生き生きと描かれていながらも、画面全体が醸し出す雰囲気や観る者が受け取る印象は静寂とある種の幻想性に包まれている。

  鮮やかな熱帯植物や木々の緑色。画家は本作と同時期に、内容は全く異なる夕暮れ時の密林(熱帯)風景の中で猿(ゴリラ)とインディアンが格闘する場面を描いた同名の作品『異国風景−猿とインディアン(猿とネイティブアメリカン)』を制作している。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000108651/p11685949c.html
ファッション日常 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ホイッスラーの秀逸な画面構成感覚を示している
パリの通り、雨(パリの街角、雨)
ジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメス
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
テルミちゃん
プロフィール
おもしろいことをシェアします
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

外苑東クリニック
東京 人間ドック