テルミのブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/terumii

ゴーギャンの家の広間

 近代絵画におけるひとつの表現様式の確立者ポール・ゴーギャン初期の重要な作例のひとつ『ゴーギャンの家の広間(カルセル街の画家の室内)』。

 ゴーギャンが株式仲買商ベルタンの店で仲買人として経済的成功を収める中、日曜画家として制作活動をおこなっていた時代に制作された本作は、パリのヴォージラール地区カルセル街の画家の自宅の情景を描いた作品で、1882年に開催された第7回印象派展への出品作としても知られている。

 印象派を代表する画家エドガー・ドガの影響を随所に感じさせる本作では、前景空間に色彩豊かな花が挿されたガラス製の花瓶が置かれるテーブルと、孤立的な椅子を一脚配し、後景空間にはピアノの前に座る画家の妻メット・ゴーギャンとひとりの男性が描き込まれている。そして中景には屏風的な衝立が配されており、その前後の空間を切断している。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000108651/p11705685c.html
ファッション日常 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
タイの空港で2か月滞留、ジンバブエ人一家に同情広がる
橙色の果実が実る樹木へぶら下がる毛の猿
ホイッスラーの秀逸な画面構成感覚を示している
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
テルミちゃん
プロフィール
おもしろいことをシェアします
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

外苑東クリニック
東京 人間ドック