テルミのブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/terumii

画家の喜びに輝く瞳に気付いていた

 ゴンクールはロートレックをよ(知らなかったし,快く思っていなかった.残念なことに,娼婦の悲惨な宿命を扱ったゴンクールの小説「娼婦エリーズ」に,ロートレックカ姉絵を描くという提案は,彼がすでに一冊用に水彩画を描いていたにもかかわらず.実現しなかった.


  ロートレックは,まるでアラビアン・ナイトの登場人物ででもあるかのように,我々をロワィヤル通り33番地のバー,アイリッシュ・アンド・アメリカンに誘う.そこでは,主任カクテル係のパーテンダーが,いつも対象を求めて渇いている画家の喜びに輝瞳に気付いていた.


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000108651/p11365316c.html
ファッション日常 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
タイの空港で2か月滞留、ジンバブエ人一家に同情広がる
橙色の果実が実る樹木へぶら下がる毛の猿
ホイッスラーの秀逸な画面構成感覚を示している
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
テルミちゃん
プロフィール
おもしろいことをシェアします
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

外苑東クリニック
東京 人間ドック