時間は誰を待

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/tgtergeref

善人というのは

世の中には、なんの欠点もない、どこの誰にも受けの良い、敵のいない人などいない。
なにかしら、悪いところがあり、受け入れられない部分がある。
人はバランスを取るために、ストレスの、はけ口がある。
たとえば、お酒だとか、買い物だとか、趣味だとか、そういうもので発散する。
無我の境地にさせるほど、夢中になれることをして、自分を解放させる。
ギャンブルやクスリ、お酒、など、中には病理に陥る危険性もはらむ。

ほとんどの人は、善も悪も持ち合わせている。
なので、完璧な善人というのは、うさんくさい。

外面がよい、100%の人が「良い人」と認めている人物であっても、
家の中では、弱いものいじめをするDV夫だったりする。

完璧に近い、良い人物という人は、たいがい、特定の宗教を信じているそうだ。
信心が、その人の悪の部分を救ってくれている。
信仰することで、苦しみや抑圧から解放されるのだろう。

わたしにとってブログは、宗教である。
これって、とても大げさだが、こころが落ち着く。
祈りというものは、こころを落ち着かせるらしい。だから宗教は、人を救うらしい。

祈りの対象は、キリストでもブッダーでもない。
自分自身である。

自分のこころを整理し、もやもやを解消し、すっきりさせ、素の自分と向き合う。
悪も善も、全部含む自分を見つめる。
その上で、理想を見出し、憧れを語り、未来にも夢があると感じる。
それは、カウンセラーに相談することもなく、高名なお坊さんの門を叩くこともなく、
心療内科や精神科を訪れることもなく、
せいぜい、SNSの悩み相談をロムするぐらいで、こころを真っ直ぐに保つことができる。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000138654/p11492994c.html
生活 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
新月の夜
速く走れたら
空を染める
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
時間は誰を待
プロフィール
時間は誰を待ちます
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 1425
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック