状況は厳しいです

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/sghdyfwdq

ど、どうして

「他の女と結婚をすることになった」

「は・・・結婚・・・!?」

「ああ、そうだ。」


俺は極力感情を込めずに淡々と話す。
ここで変に情を掛けてしまえば、到底沙月を突き放すことなどできなくなると分かっていたからだ。


「冗談・・・ですよね?」

「そんなわけねえだろ」

「だって・・・いきなりそんな!」


沙月は混乱している様子だった。
両手で頭を抱え、何とか落ち着こうと必死になっている。

たった今まで恋人だった男がいきなり自分以外の女と結婚すると跟團去日本 言いだしたのだ。
何が何だか分からないと狼狽える様子に、俺は胸を抉られるような痛みをどう遣り過ごしたらいいのか分からずにいた。


「どうして・・・」

「どうもこうもねえよ。相手はこの業界のお偉いさんの娘でな。そいつと結婚すれば俺の将来も安泰ってわけだ」

「な・・・何を言ってるんですか、土方さん!」


半ば悲鳴のような声を上げて、沙月が俺に縋りつこうと手を延ばしてきた。
だがそれをさっとかわした俺は、ベンチから立ち上がり冷たい眼差しで沙月を見下ろす。


「お前は俺に何を期待してた?このまま付き合って結婚でもできると夢見てたのか?」

「そんな・・・私は」

「俺がお前みたいな女に本気で入れ込むわけねえだろ」


この寒空の下でも、握りしめた拳にじわりと汗が滲む大嶼山景點
俺は震えそうになる語尾を必死に耐え、何とか冷酷な表情を崩さぬようにとそればかりを考えていた。


「嘘ですよね・・・?ねえ、土方さん!」

「嘘なもんか。俺は悪趣味な冗談は言わねえ主義だ」

「だって、言ったじゃないですか!夢じゃないって・・・おまえを幸せにするって・・・!」


涙交じりの声に、俺はもう沙月の顔を見ることすら辛く、ふいと視線を逸らした。


一体俺は何をやっているのか。
自分の馬鹿さ加減にほとほと愛想が尽きる。


だが、こうするしかないんだ。
いや・・・愚かな俺はこうすることしかできなかったんだ。


・・・悪いのは全部俺だ、沙月。



「ともかくそういう訳だからよ。今日限りでこういう付き合いは終わりってことだ」

「土方さん・・・」

「お前もいつまでも俺にこだわってねえで、自分の身の丈に合った男を見つけろよ」



やれやれと言った調子で溜息交じりに吐き出せば、ふっと沙月が息を呑んだReenex 好唔好

そして、背を向けた俺の背後から、程無くざっと砂を踏みしめる音がする。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000141748/p11316389c.html
生活 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
南京1楼进一步未上漆的施工许可证书山
それから心臓
<<新しい記事へ
このブログトップページへ
ブログイメージ
状況は厳しいです
プロフィール
状況は厳しいです
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 2 545
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック