状況は厳しいです

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://jiyugaoka.areablog.jp/sghdyfwdq

それから心臓

受話器からは相変わらずローズの声が響いていたが、その声は最早悲鳴となっている。

その受話器を拾い上げたマークは、ローズに急いで電話を切るように説明をしてから、救急車を呼んだ。

それから心臓マッサージに励む。

「ジョイ!サムの神へ祈っておくんだ。祈るんだよ!早く!」
と、興奮で顔を赤らめながら叫ぶ。


しかし、ジョイには祈るという言葉の意味が理解できない。

マークは、ジョイがじっと立ち尽くしたままで、何の反応もない様子に気付き、理性を取り戻す。

「あ、悪かった・・・すまん。君が猫だってことを忘れてたよ」

謝りながらもマッサージを必死に続ける。

しかし、一向に老いたサムの体は動かなかった。

ジョイはサムの顔を見た。

ご主人サムは、幸福の絶頂にいる微笑をうかべて眠っているようだった。

健やかな眠りに入る直前の安らぎを得た瞬間に、彼の「時」が停止したのであろう。


その穏やかな表情は、悔いのない人生に終止符を打った者独特の死の表情だ。


サムの七十年の生涯が、幸せで満ち足りていたのか、その核心なる部分を知る者は本人を除けば、地上には誰もいない。


サム風に言うならば・・・まさにサムの仕えた神のみぞ知る、というところだ。

そして、その神はご存知に違いない。


サムが晩年になって自分の息子のように育てた一匹の猫により、生涯を懸けた己の理想の愛と勇気が勝利した。


やはり、愛は全てに勝るのだと確信できた。

その輝かしい歓びの絶頂に浸りつつ、永眠に就いたことを・・・。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://jiyugaoka.areablog.jp/blog/1000141748/p11319814c.html
生活 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
南京1楼进一步未上漆的施工许可证书山
ど、どうして
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
状況は厳しいです
プロフィール
状況は厳しいです
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 8 551
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック